2018年05月16日

フクロウがいた!

夫人の友人からフクロウ情報を得て、さっそくカメラを抱えてフクロウ撮影に出かけた。

数日前までは、長くて太いレンズがフクロウに向かって砲列のように並んだということだが、カメラマンたちはほかのフクロウスポットへ移動したそうで、はその日二人のカメラマンが長いレンズを構えていた。逆光を受けて、暗い林の中が一層暗く見えてフクロウの位置を特定するのはなかなか難しかった。

20180514-_5140236.jpg 20180514-_5140246.jpg


20180514-_5140201.jpg


ヒナは3羽生まれたと聞いていたが、確認できたのは2羽だけ。

20180514-_5140255.jpg

 
まだ勤めていた頃、野生のフクロウを見るために八ヶ岳山麓まで出かけたことがあったが、わざわざそんな遠くまで出かけて行かなくても地元で見ることができるのだ。以前からフクロウ目撃情報を耳にしたことはあったが、今回初めて撮影に成功した。
posted by 里実福太朗 at 22:45 | ■里ふくろう通信

今日の蓮池

池面を覆うハスの葉がかなり増えてきた。

20180516-_DSC1468.jpg

 
posted by 里実福太朗 at 22:06 | ■里ふくろう通信

2018年05月14日

漱石公園の猫

漱石が亡くなるまで過ごした「漱石山房」は、その地の一部が「新宿区立漱石公園」となっている。

20180513-_DSC1425.jpg


20180513-_DSC1426.jpg


漱石公園に隣接した都営アパートの跡地に、近年「漱石山房記念館」がオープンした。

20180513-_DSC1427.jpg


園内には、夏目家代々の飼い猫の墓が設けられている。猫塚と呼ばれるその墓所は、以前は道草庵の西側にあったが、「漱石山房記念館」建設に伴ってその位置が園内中央に移っていた。

20180513-_DSC1428.jpg 20180513-_DSC1429.jpg


猫塚の写真を撮っているとき、おあつらえむきに猫出現。残念ながら黒猫ではなかった。

20180513-_DSC1434.jpg


20180513-_DSC1433.jpg


20180513-_DSC1442.jpg 20180513-_DSC1446.jpg

 
posted by 里実福太朗 at 00:53 | ■里ふくろう通信

2018年05月12日

アラビアのライオン

ライオンの像といえば、こんな感じのものが一般的(表慶館前のライオン像)

20180511-_R026160.jpg


しかし、このアラビアのライオンは違う。なんとも愛敬のある生き生きとした表情を見ていると、妙に親近感がわいてくる。

20180511-_R026143.jpg


20180511-_R026146.jpg


【ライオン】
ナジュラーン(サウジアラビア南西部にある都市)
2世紀頃
青銅

東京国立博物館
「アラビアの道−サウジアラビア王国の至宝」展
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1886
posted by 里実福太朗 at 01:03 | ■里ふくろう通信

2018年05月09日

2018年05月01日

星と泥と海と<淘>と 今成誠一展

「塊魚」の陶芸家、今成誠一さんの作陶展が今日から始まった。

会期:2018/5/1(火)〜5/6(日)
会場:寺町美術館+GALLERY
   東京都台東区谷中7-6-3

20180501-_5010044.jpg


20180501-_R026117.jpg


写真のカップは今日買い求めたもの、取っ手の大きさがかなり独特。
posted by 里実福太朗 at 23:00 | ■里ふくろう通信

2018年04月26日

今日もチョコが来た

20180426-_4260002.jpg


近ごろは、サッシ戸のすぐ近くまでやって来て、鳴き声で来たことを知らせるようになった。

20180426-_4260007.jpg


20180426-_4260012.jpg

 


posted by 里実福太朗 at 21:12 | ■里ふくろう通信

2018年04月23日

ゴーヤを植えた、そしてコロンが来た

昨日ホームセンターで買い求めたゴーヤの苗を三つ植えた。

庭ではアイリス系の花がまだ咲いていて、これから咲くものもあるのに、そんな時期にゴーヤの苗を植えるなんてことは今までになかった。

20180421-_DSC0989.jpg


20180421-_DSC1006.jpg


20180423-_DSC1022.jpg


20180423-_DSC1027.jpg


20180421-_DSC0995.jpg


20180421-_DSC0977.jpg

 




posted by 里実福太朗 at 21:42 | ■里ふくろう通信

2018年04月14日

イチハツが咲いた

20180414-_4140590.jpg 20180414-_4140593.jpg

20180414-_4140611.jpg


20180414-_4140597.jpg


20180414-_4140598.jpg

 
posted by 里実福太朗 at 23:13 | ■里ふくろう通信

2018年04月12日

サラ ムーン写真展「巡りゆく日々」

銀座のシャネルビルに初めて入った。シャネル銀座ビルディング4階のシャネル・ネクサス・ホールでは、現在、サラ ムーン写真展「巡りゆく日々」が開催されている。その写真展を見るという目的がなければ、一生足を踏み入れることはなかっただろう。

20180409-_R026042.jpg 20180409-_R026043.jpg


中央通りに面した店舗入口ドアの前に立つと、自動的に扉が開いた。ただ、それは機械式の自動扉ではなく、人の手によるものだった。ドアボーイと言ってしまうのもはばかられる端正は顔立ちのスラリとした男性が、いらっしゃいませとドアを開けてくれたのだった。

その人に教えられた通り、店の奥のエレベータに乗り4階に行く。エレベーターの扉が開くと、目の前には真っ白な世界が広がっていた。まぶしさに目を閉じてしまいそうになる。なにしろ壁はもちろん、天井も床もすべて真っ白なのだ。今までいろいろな写真展を見てきたが、このような白一色で統一された会場は初めての体験だった。

20180409-_R025983.jpg


日本の美術館では、そのほとんどで写真撮影は禁止されているが、さすがフランスである。係の人に訊いたところ、撮影は可ということであった。

20180409-_R026037.jpg


20180409-_R026038.jpg



 
posted by 里実福太朗 at 01:39 | ■里ふくろう通信