2019年07月24日

今日のアオバズク

親鳥二羽は確認できたが、ヒナはかなり高い枝に止まっているそうで、見ることができなかった。今までの例だと、巣穴からでた次の日には親鳥とともに姿を消していたのだが、今年はなかなか飛び立っていかない。

20190724-_1050180.jpg

20190724-_1050219.jpg


親鳥の視線の先には、きっとヒナがいるのだろう。

20190724-_1050228.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:48 | ■里ふくろう通信

2019年07月23日

今日のアオバズク

今日のヒナは、二羽ともかなり高い枝に止まっていた。

20190723-_1050110.jpg


親鳥は、ヒナの左下近くに確認できたが、あと一羽は見つからなかった。
20190723-_1050118.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:24 | ■里ふくろう通信

今日のアオサギ

アオサギは相変わらずギャーギャーと騒いでいる。コロニーのある森の近くに住む人の言によると、騒がしい声よりも糞害の方が心配だと言っていた。梅雨が長引いている今年はまだ良いが、晴れの日が続くと、乾燥した糞が風に飛ばされてくる、肺に入ると健康被害が出るかもしれない、と不安を口にしていた。

20190723-_1050095.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:10 | ■里ふくろう通信

2019年07月22日

今日のヒナ

今朝は6時前に撮影現場に到着したのだが、すでに10台以上のカメラが三脚の上に据えられていた。なんとなく顔なじみになっていた人が、ヒナが地上5メートルほどの枝に止まっていると教えてくれた。

20190722-_7226074.jpg

昨日の夕方はかなり高い枝に止まっていたことを思えば、たぶんバランスを失って落ちてしまったのだろう。地面にたたきつけられる前に、運良く途中の枝に引っかかったのか、あるいは自力で枝にしがみついたのかもしれない。
20190722-_1040765-2.jpg


いつまでも同じ枝の同じ位置に止まっているだけで、大きな動きはないので同じような写真しかとることができない。いったん家に戻って、午後また出直すことにした。

20190722-_1040996-2.jpg


再度、午後出かけてみたが、状況はまったく変わっていなかった。そして夕方まで同じ状態が続いた。

20190722-_1040906-2.jpg

20190722-_1040912-2.jpg

20190722-_1040931-2.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:57 | ■里ふくろう通信

2019年07月21日

ヒナが姿を現した

夕方6時半頃、ヒナ二羽が姿を現した。巣穴の中でかなり長い期間を過ごしていたこともあって、ヒナとはもう呼べないほどに立派に育っていた。

20190721-_7215711.jpg

かなり暗くなっていたので、ISO感度を最高に上げた。そのためノイズが目立つ画像となってしまった。

20190721-_7215644.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:14 | ■里ふくろう通信