2017年10月09日

晴光公園

20170924-_9240386.jpg


晴光公園は道路を隔てて二つに分かれている。ともに小さな公園ではあるが、近所の人たちには大切ないろいろな役割を担っている場所であるということなのだろう。子供たちの遊び場でもあるし、大人たちの交流の場・息抜きの場でもあるのだろう。

20170924-_9240425.jpg 20170924-_9240385.jpg


この時期、夜になっても30度越えの日が続いた。少し歩き回ると、汗がタラタラと流れてくる。そんな夜、もう9時を過ぎているというのに、女性の一団がその公園に集まっていた。互いの体がぶつからないように適度な間隔を保ちながら、どこからか流れてくる軽快な音楽に合わせてダンスを踊っていた。台湾の女性はタフで元気だ。

20170926-_R025418.jpg 20170926-_R025419.jpg

 
posted by 里実福太朗 at 23:11 | New2017台湾ねこ紀行

雙城街夜市あたり

20170924-_9240369.jpg


雙城街夜市は小規模ながらも、いわゆるB級グルメがいろいろあるといろいろなサイトで紹介されている。確かに観光夜市ほどの規模ではないけれど、住んでいる人々の食生活を支えている地元密着型の夜市という感じだ。

20170924-_9240368.jpg


夜市がひらかれる広場の中央に、屋台が背中合わせに二列で並び、周囲に店舗が並んで屋台群を取り囲んでいるという配置になっている。時刻は台湾時間(時差−1時間)で5時を少し過ぎた頃、それぞれの屋台では準備に大わらわという状態だった。

20170924-_9240398.jpg


たこ焼き屋さんまで出店。

20170924-_9240387.jpg


少し離れたところに「上樺旅桟」のビルが見える。

20170924-_9240393.jpg


道路を隔てたところに、店先に賑わいを見せている「黄記」という店があった。店内は明るく、奥の方で食事もできるようだ。地元の人もよく利用する繁盛店のようだった。今晩の夕食はあの店にしようと見当を付けておいた。混雑しているようだったら、持ち帰りにしてホテルで食べてもよいし、あの小さな公園で食べることもできるだろう。そんなふうに考えて、いったんホテルに戻ることにした。

20170924-_9240376.jpg


20170924-_9240372.jpg


道路の両側は晴光公園の木々。

20170924-_9240386.jpg


posted by 里実福太朗 at 01:23 | New2017台湾ねこ紀行

2017年10月07日

今村曜子×山口三輪コラボ展「生命のゆくえ」

 
20171007-_R025491.jpg 20171007_144341_467.jpg


20171007-_A070172.jpg


20171007-_A070120.jpg


20171007-_A070102.jpg


横浜「GALERIE PARIS」にて

posted by 里実福太朗 at 15:00 | 里ふくろう通信

2017年10月06日

雙城街の猫

ホテルに荷物を置いてから、何はともあれ雙城街夜市の下見、そして夕食をとる店の物色をするために外出した。ホテルを出て右に進めば小さな公園(晴光公園)があって、そのまま進めば雙城街夜市となる。

公園手前の十字路のところで、思いがけない出会いがあった。本当に思いがけないことだった。オートバイの荷台の上で猫が寝ていたのだ。

20170924-_9240401.jpg


かなりくたびれた感じではあるが、チャンと座布団らしきものの上で休んでいる。耳の上部がカットされているということは、避妊手術をほどこされているノラちゃんということだろう。

20170924-_9240399.jpg


20170924-_9240350.jpg


前の方にまわって挨拶してみた。
「こんにちは」
彼女はけげんそうな顔でこちらを見た。ここは台湾だから、台湾華語(台湾の中国語)でなければ伝わらないのかもしれない。
「你好(ニイ はオ)」
しかし、ニャーと挨拶をかえしてくれるこはなく、鋭い目つきでこちらをにらんだ。もう一度言ってみると、引きつった顔で逃げだそうとした。

20170924-_9240355.jpg


20170924-_9240356.jpg


発音が悪かったのだろうか。ただ、このまま逃げられてしまっては撮影のチャンスを失ってしまう。少し遠ざかり彼女の警戒心がほどけるのを待った。さいわい元の場所に座り直してくれた、こちらにお尻を向けてはいたが。

20170924-_9240359.jpg


20170924-_9240363.jpg

posted by 里実福太朗 at 00:15 | New2017台湾ねこ紀行

2017年10月04日

マリンで見る仲秋の名月

20171004-_A040095-2.jpg


20171004-_A040099-2.jpg
posted by 里実福太朗 at 20:20 | 里ふくろう通信

今季初のマリン

20171004-_R025485.jpg
posted by 里実福太朗 at 16:12 | 里ふくろう通信

ホテルにて

20170924-_9240337.jpg


宿泊したホテルは上華旅桟(GOOD LIFE HOTEL)。最寄り駅の「中山國小」の1番出口から歩いて数分の所にある。ホテルのすぐ近くにはコンビニ、少し歩いたところでは双城街夜市が毎晩ひらかれている。小さな公園もあって(上の写真の奥の方)、台湾らしい雰囲気を味わうための条件が整っている。

三つ星ホテルだが、口コミ評価が良く、4.37(5点満点)という点と、この立地条件の良さでこのホテルを選んだのだった。

チェックインできるのは18時から。
念のため電話で(所持のタブレットには電話機能もついている)チェックイン可能な時間をホテルに尋ねてみた。最初は台湾語での応対だったが、日本人だと告げると、日本語ができるスタッフが電話口に出た。ありがたいことに、たまたま利用できる部屋があるので、すぐチェックインできるということだった。

受付カウンターには男女2名がいて、そのうちの若い女性スタッフが簡単な日本語を話せた。ホテルのウェブサイトに『簡単な日本語と英語OK!安心で泊まれます! 』と記載してあったとおり、必要最低限の意思疎通は日本語でできた。

20170924-_R025355.jpg 20170924-_R025353.jpg


20170927-_R025421.jpg 20170927-_R025429.jpg

20170924-_R025354.jpg 20170927-_R025424.jpg


posted by 里実福太朗 at 01:24 | New2017台湾ねこ紀行

2017年10月03日

ホテルまで

MRT(地下鉄)に乗る前に、去年の台湾旅行で苦労して手に入れた「悠遊カード(ヨウヨウカー EASY CARD)」に加値(チャージ)しておこう、と自動加値機さがしたのだが、なかなか見つからない。改札口近くにあるインフォメーションの窓口で、
「ヨウヨウカー、チャージ」
と1000元札を添えて伝えたら、対応してくれた女性はちょっとビックリした表情を見せたが、チャージしてくれた。一度に1000元もチャージする人はあまりいないのかもしれない。日本でパスモにチャージするときは、多くても2000円だから、台湾の人もせいぜい500元くらいなのかもしれしれない。

20171003-_R025478.jpg


ホテルの最寄り駅は「中山國小駅」、MRTを利用する場合、以下の二つのルートが考えられる。

A:桃園第2ターミナル → 台北駅 → 民権西路 → 中山國小
B:桃園第2ターミナル → 三重 → 中山國小

去年、台北駅を利用したことがあったが、東京駅・新宿駅以上に複雑な迷路のようで、行ったり来たりを繰り返してしまった。その二の舞はしたくないから、台北駅で乗り換えることは避けて、Bのルートを利用した。

◇MRT桃園第2ターミナル駅
20170924-_R025334.jpg


◇三重駅
20170924-_R025343.jpg 20170924-_R025342.jpg


20170924-_R025345.jpg


20170924-_R025335.jpg


20170924-_R025335.jpg


台湾のMRTでは、ホームも車内も飲食不可だから注意が必要だ。つい水を飲んでしまって、そこを見つかると罰金を取られるそうだ。もちろん冷房は効いているのだが、暑い街中から乗り込んでくれば喉は渇いている。水を飲みたくなるのは自然なことであるし、逆に飲むことを制限することで健康被害も生じてくるかもしれない。台湾のような暑い国で、飲料までも制限するのはいかがなものだろうか。

◇中山國小駅
1番出入り口のエスカレーターで地上に出ると、右側に中山國小の奇抜な給水塔(?)が見える。

20170924-_R025351.jpg


20170924-_R025352.jpg


20170925-_R025368.jpg


正面の横断舗道を渡り、そのまま直進して最初の曲がり角を右に折れてしばらく進むとホテルの看板が見えてくる。

20170924-_R025350.jpg


20170924-_9240347.jpg

posted by 里実福太朗 at 01:28 | New2017台湾ねこ紀行