2020年09月02日

今日の満月は「コーンムーン」

今日の日中は雲が多く、時おり雨まで降って、せっかくの満月の夜なのに眺めることはできそうにもないな、と半ば諦めていた。夜10時過ぎにチョコのニャーニャーという鳴き声が聞こえてきた。いつも夜に遊びに来て食事をねだるのだ。キャットフードを用意して、庭に出てみると、月が雲の合間から煌々と光っていた。

2288_010-2.jpg


ネイティブアメリカンがつけた伝統的な月の呼び方では、9月の満月のことは「Harvest Moon(収穫月)」と呼ぶらしい。ウェザーニュースの記事でもそう紹介している。
https://weathernews.jp/s/topics/202009/010115/

しかし、ほかのサイトの記事を読んでみると、「コーンムーン」となっていた。

【今夜の満月は「コーンムーン」! 9月の満月なのに「ハーベストムーン」ではない理由 / 消えた収穫月の行方】
 https://rocketnews24.com/2020/09/02/1408857/

はて、どちらが正しいのだろうか。

この記事によれば、秋の分点つまり秋分の日に最も近い満月が「ハーベストムーン」ということらしい。今年の秋分の日は9月22日、そして次の満月は10月2日、どちらの満月が秋分の日に近いのか、もちろん10月2日の満月の方である。つまり「ハーベストムーン」は、次の10月2日の満月ということになるのだそうだ。

さらにこの記事を読み進めていくと、9月はトウモロコシが採れるシーズンということから、ネイティブアメリカンたちは「コーンムーン」と呼ぶということも教えてくれる。あるいは、麦も採れるの「Barley(麦)Moon」と呼ばれることもあるらしい。なかなか説得力がある。多くのサイトの記事では、今日の満月を「ハーベストムーン」としているが、こちらの記事を信用して「コーンムーン」とした方がよさそうだ。

1824_012.jpg

1872_013.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:27 | ■里ふくろう通信

2020年08月25日

「崖の上のポニョ」は崖からおりるとただのヤギか?

2163_010.jpg


保護された「ヤギのポニョ」は、県内のヤギ牧場で健康チェックを受けて、一ヶ月ほど経ってから飼い主さんの元に返ると伝えられていた。ただ大きな話題となってしまい、飼い主さんのところに戻っても、見物客が殺到して対応しきれないおそれがあるため、飼い主さんからの依頼を受けて、佐倉市の施設「佐倉草ぶえの丘」で受け入れ、一般公開することになったそうだ。

一般公開開始日
2020年8月29日(土)午前10時〜

佐倉草ぶえの丘には「ふれあい動物園」があって、ヤギへのエサやり体験もできるようだから、ポニョとはそこで会うことができるのだろう。

【崖の上にいたヤギ(愛称:ポニョ)が佐倉市に帰ってくる!8/29から「佐倉草ぶえの丘」で一般公開】


posted by 里実福太朗 at 21:59 | ■里ふくろう通信

2020年08月24日

真夏が戻ってきた

昨日の最高気温は27.1度、久しぶりで30度を割り、ほっと一息ついたのもつかの間、今日はまた真夏が戻ってきた。

1636_010.jpg

1713_014.jpg


1655_012.jpg 1671_013.jpg


稲のこうべが、かなり垂れてきていた。

1645_011.jpg

1720_015.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:59 | ■里ふくろう通信

2020年08月21日

デスバレーのバッドウォーター

毎日酷暑が続く。夜になっても気温が下がらず、モワッとした熱気が一晩中地表を覆っている。ただここに来て、夜は幾分過ごしやすくなったような気がする。

国内最高気温は41.1度、2018年7月に埼玉県熊谷市で観測されたのが最初で、つい最近も(8月17日)浜松市で観測された。

世界に目を向けると、あの世界で一番暑い場所と言われるアメリカ_デスバレーで、16日に54.4度が観測されたそうだ。デスバレーでは、7月に観測された56.7度という記録があるそうだが、8月に絞れば目下のところこの54.4度が最高気温となる。そんな場所にいたら、人間はどんなことになっちゃうんだろうね。

【アメリカの「死の谷」で54.4度、8月の世界最高気温か】
(BBC NEWS|JAPAN)
https://www.bbc.com/japanese/53804686

当方がデスバレーに行ったのは、11月のことだった。11月の平均最高気温が25度程度だから、死んでしまうほどの暑さではなかった。

0214086213_015.jpg


写真の場所は、デスバレー国立公園内でも特に気温が高いと言われる「バッドウォーター」、かつては塩水湖だったそうだが、今では水が干上がってしまって塩の結晶が地表を覆っている。

0213966201_012.jpg

0214056210_014.jpg


もとは湖だったということが関係しているのだろうか、水が湧き出ている場所があったり、小さな池も存在する。

0214156220_016.jpg

0214266231_017.jpg


また「バッドウォーター」は、海抜マイナス86メートルで、北アメリカで最も低い場所ということだ。

0213916196_011.jpg 0213906195_010-2.jpg

駐車場の背後に迫る山の中腹に、海水面の高さを示す「SEA LEVEL」の表示が見える。
posted by 里実福太朗 at 01:57 | ■里ふくろう通信

2020年08月11日

「ヤギのポニョ」さくらの誘いにマイッタ!

とうとうあの「ヤギのポニョ」保護されたそうだ。毎日新聞がその経緯を詳しく伝えている。

『崖暮らしの子ヤギ「ポニョ」保護作戦が成功 おびき寄せ役はメスの「さくら」 千葉・佐倉』
 https://mainichi.jp/articles/20200811/k00/00m/040/109000c

その記事によると、保護作戦は、ヤギ牧場(千葉県長生郡睦沢町)のスタッフたちの協力を得て、7月下旬から続けられてきた。崖の上にオリを設置して、中にメスの「さくら」入れて待つこと約10分、「ポニョ」が興味を示してオリの中に入って行ったところを保護した。「ポニョ」は健康上の問題は見うけられず、飼い主さんに引き取られたそうだ。おびき寄せ役のヤギの名前が「さくら」だったのも、何かの縁だったのだろうか。

一件落着でめでたしめでたしといったところだが、ヤギの姿が見られなくなってしまうのも、なんだかさみしい。せっかく人気者になったのだから、いっそのこと、飼い主さんのもとで暮らす「ポニョ」に会いに行けるような工夫をしてみてはいかがだろうか。
posted by 里実福太朗 at 23:43 | ■里ふくろう通信