2019年12月05日

マル・ヒメ・モモそしてミミ

かつて池の周りでは20匹ほどの猫が暮らしていたが、年々その数を減らし、現在では10匹以下となってしまった。みな手術が施されているから、何年か後には猫の姿を見ることはなくなってしまうかもしれない。以前は新顔が姿を見せることもあったが、今は皆無となっているから、おそらくそうなることだろう。厳しい環境で暮らすネコが少なくなるのはいいことなのだが…

お堂のあたりでは、4匹のネコがそこを縄張りとしている。マル・ヒメ・モモそしてミミ、あるいは他の人は他の呼び方をしているかもしれないが、「ネコお母さん」と当方の間では、そう呼んでいる。

ミミ
20191129-_DSC8869.jpg

左から、ミミ、マル、モモ
20191129-_DSC8900.jpg

モモ(息子)とヒメ(母親)
20191129-_DSC8903.jpg


ミミを除いてあとの三匹は血のつながりがある。いつの間にか姿を消してしまったナナというサビ猫の子供がマルとヒメ、ヒメの子供がモモというつながりなのである。そして実は、あのギャーとナナとの間にできた子がヒメ(マルはちがうかもしれない)なのである。つまり、ヒメはギャーの子供でもあり、モモは孫ということになる。

ギャーは、今ではかなり離れた東側の地域で暮らしているが、かつてはお堂のあたりを縄張りとしていて、その後転々と移動した渡りネコなのだ。

一番人慣れしているのはミミ、もともとは屋台のおばさんが飼っていたが、どういう事情だったのかは分からないが、ネコ好きのホームレスさんに引き取ってもらったそうだ。しかしもとからいたネコと折り合いが悪く、ホームレスさんのもとを去ってお堂のあたりにたどり着いたのだった。

20191129-_DSC8892.jpg 20191129-_DSC8915.jpg

下腹部にハート型の白い毛がある。
20191129-_DSC8937.jpg

20191129-_DSC8939.jpg

posted by 里実福太朗 at 01:01 | ■里ふくろう通信

2019年12月01日

狸出没

近ごろ八角堂近辺には狸が出没するらしい。二週間ほど前にはなかったこんな注意書きが掲示してあった。

20191129-_DSC8870.jpg

posted by 里実福太朗 at 22:15 | ■里ふくろう通信

歩くマロくん

二週間ほど前に会ったときは、足の筋を違えたとかで自転車のカゴに乗っていたマロくん、この日はチャンと自分の脚で歩いていた。

20191129-_DSC8916.jpg

20191129-_DSC8920.jpg

posted by 里実福太朗 at 22:04 | ■里ふくろう通信

2019年11月30日

大いちょうの黄葉

黄葉はさらに進んだが、例年より鮮やかさが劣る感じだ。(2019.11.29撮影)

20191129-_DSC9027.jpg

20191129-_DSC9024.jpg

去年の黄葉写真はこちら(2018.11.28撮影)

20181128-_B280323.jpg

20181128-_B280350.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:37 | ■里ふくろう通信

2019年11月29日

荷風の大黒家

京成電車が八幡駅に着くと、道路を隔てた向こう側に「大黒家」が見える。

20191129-_DSF3447.jpg

現役の時も、退職してからも、電車の窓からこの大黒家が見えると、一度荷風が好んだカツ丼を食べておかないと…と思うことがよくあった。しかし、「そのうちに」を繰り返しているうちに、途中下車してカツ丼を食べる機会は巡ってこなかった。

そうこうしているうちに、大黒家は閉店となってしまった。なんでも食中毒を起こして、そのために営業停止となり、そのまま再起できなかったそうだ。ただ閉店後も大黒家の建物は残っていて、今も京成電車の車窓から見ることができる。ネットで調べてみたところ、現在は市進学院の所有になって、2階は学習塾として使われているそうだ。

今日は久しぶりの晴天に恵まれた。長年果たせなかったことをするために、上野行き京成電車を八幡駅で途中下車した。改札を出て1分足らずで大黒屋に着いてしまう。途中下車さえすれば良かったのに、それをしなかったのはなぜだろう。

20191129-_DSF3454.jpg

20191129-_DSF3453.jpg

20191129-_DSF3448.jpg 20191129-_DSF3451.jpg


20191129-_DSF3455.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:46 | ■里ふくろう通信