2016年02月08日

彩雲が見えた日の地震

彩雲が見えたことをブログにアップした昨日の夜、比較的大きな地震があった。
 2016年2月7日 19時26分頃
 震源地:茨城県南部
 最大震度:震度4

最初ドスンという音と共に、家の床が地面に強く打ち付けられるような感覚に襲われ、その後、上下振動が始まり家具がガタガタと音をたてた。ただ横揺れはほとんどなく、乱雑に積み重ねられた自室の本などは、崩れ落ちることはまったくなかった。いわるる直下型地震だったと思われる。

気象庁によれば、ここ千葉県佐倉市の震度は「2」であるが、体感的には震度3程度と感じられた。

やはり彩雲と地震との因果関係はあるのだろうか。彩雲の写真を撮っているとき、横にいた夫人が、横に細長く伸びている雲のことを指摘していたので、それも撮影しておいた。

20160207-_2070145.jpg


【撮影日時】2016年2月7日 12:33:48
 


 


posted by 里実福太朗 at 11:59 | 里ふくろう佐倉版

2016年02月07日

彩雲

光り輝く太陽の周囲に見えた彩雲、吉兆なのかそれとも地震の予兆なのか。

20160207-_2070132.jpg


20160207-_2070141.jpg


20160207-_2070135.jpg





 
posted by 里実福太朗 at 13:28 | 里ふくろう佐倉版

2016年01月24日

辻きり

14536207382820.jpg
佐倉に今も残る伝統行事。

(Sent from fukutaro)
posted by 里実福太朗 at 16:35 | 里ふくろう佐倉版

2016年01月01日

初詣

初詣は、例年通り鷲神社。

20160101-_1010005-640.jpg

 
posted by 里実福太朗 at 23:00 | 里ふくろう佐倉版

2015年03月07日

雨の斑鳩の里

SNC00882b.jpgSNC00881b.jpg

あいにくの雨。山野辺の道は断念して、斑鳩の里へ。
posted by 里実福太朗 at 20:37 | 里ふくろう佐倉版

2015年03月06日

今ここ

SNC00876b.jpgSNC00880b.jpgSNC00873b.jpg

今ここに来ています。
猫はいないけれど、そこらじゅうに鹿がいました。
二月堂のおたいまつは迫力がありました。
posted by 里実福太朗 at 22:44 | 里ふくろう佐倉版

2014年04月26日

ゴーヤの豊作を祈念して

今年もゴーヤが豊作となることを願って苗を植えた。去年は苗の数・種類が多すぎたので、今年は二種類に絞り数も四つにしておいた。

20140426-_0021484.jpg


20140426-_0021487.jpg  20140426-_0021489.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:50 | 里ふくろう佐倉版

2014年04月24日

イチハツ開花

しばらく肌寒い日が続きイチハツが開花が遅れていたが、今日開花した。ただまだ全開ということではなく、7〜8分咲きという程度だ。

20140424-_4249868.jpg


20140424-_4249872.jpg


ダッチアイリスも咲いた。

20140424-_4249866.jpg


実は、ニオイイリスは先週の金曜日にすでに一つ開花していたが、以後は続かなかった。昨日・今日と暖かい日和に恵まれて開花が一気に進んだ。

20140424-_4249864.jpg


20140420-_4209556.jpg


【庭の花】

20140424-_4249856.jpg  20140424-_4249858.jpg


20140424-_4249860.jpg


20140424-_4249863.jpg

posted by 里実福太朗 at 22:12 | 里ふくろう佐倉版

2014年04月13日

イチハツのツボミふくらむ

花粉症に加え、気温が極端に上下する異常な気候に悩まされ、外出を控えて家の中でノンベンダラリと過ごしているうちに、庭のイチハツの葉がすくすくと背丈を伸ばし、その間からつぼみが顔を出し薄紫に色づいてきた。

20140413-_A130007.jpg


20140413-_A130009.jpg


今年はやけに早いなと思って去年のブログを確かめてみたら、4月9日の記事のタイトルが「つぼみがもうふくらみ始めた」となっていた。今年が早いのではなく、去年の方が数日早かったのだ。

さらに一昨年の記事で確かめてみたら、4月25日の記事に『イチハツのつぼみも、だいぶ膨らんできて、色づき始めていた。』、その前年の東日本大震災が発生した年は、4月21日の記事に『イチハツもニオイイリスも、蕾がだいぶ膨らんできた。もうすぐ開花を迎えそうだ。』とあった。

咲く時期が早まってきたのは、温暖化が影響しているのだろうか。ちなみに、ニオイイリスのツボミもふくらんできた。

20140413-_A130003.jpg


posted by 里実福太朗 at 23:50 | 里ふくろう佐倉版

2014年03月30日

ガソリンはダブル増税

消費税増税前の最後の日曜日、近くのスーパーも買いだめ目的の客で混雑していた。パソコンや液晶テレビなど価格の張るものはすでに購入済み、日用品は夫人が少しずつ買い置きしているので、もう買いだめに走る必要はないのだが、買い忘れていたコーヒーをいつもより少し多めに購入しておいた。

ガソリンは、消費税だけでなく地球温暖化税なるものが増えて、1リットルあたり約5円の値上がりになる。原油価格が高止まりしているうえに、さらにこの増税である。ガソリンこそ買いだめしておきたいところだが、残念ながらは買いだめはちょっと無理なので、満タンにしておくぐらいが増税対策となってしまう。

千葉県佐倉市のガソリン価格:148円/リットル

あとは静かに4月1日を迎えて、その後は消費を控えてつましく暮らしていく心づもりである。きっと世の中の多くの人も、同じような気持ちでいるのだと思う。やはり増税後の消費落ち込みは避けられないであろう。
posted by 里実福太朗 at 17:55 | 里ふくろう佐倉版

2014年03月11日

3.11の今日、水道水の汚濁発生

昼食の準備をしていた夫人の叫び声が、台所の方から聞こえた。
「水がきたない!」
その刹那、スマートフォン着信音が鳴った。見れば送信元が市役所で、水道水の濁り・出ぼそり・断水が発生しているという知らせだった。第一報のメール受信後、何通かのメールが届き、4時過ぎになって防災井戸を開設したという知らせが届いた。

3年前のあの福島第一原発爆発後のことが思い出される。まき散らされた放射性物質が風に流されて、水道水の取水地域が汚染されてしまった。その影響で、スーパーやコンビニの店頭からミネラルウォーターが消えた。佐倉市では、特に乳幼児をかかえる家庭のために、防災井戸を開設して井戸水の提供を行った。防災井戸の開設は、その時以来のことだった。

東海地震の切迫性が指摘される昨今、防災用品の備蓄の必要性がさまさまな方面から呼びかけられている。夫人が確かめてみたところ、我が家では40リットル以上の水があるという。飲み水の面については差し迫った状態ではないが、防災井戸の場所を確かめておくことも大切だと思い出かけてみた。

さまざまな場所に点在している防災井戸ではあるが、多くは学校の敷地内に設けられている。子供たちが卒業した学校にもその設備があることは分かったが、敷地内の設置場所が分からない。そういう設備は、校舎の裏手の方に作られることが多いのだろうと見当をつけて裏門に向かった。

ジャージ姿の生徒が何人かたむろしていた。生徒なら防災井戸の場所を知っているだろうと思い、
「防災井戸はどこにあるか知ってるかい?」
と訊ねたが、意外なことにキョトンとしているだけで返事が返ってこない。事情を手短に話すと、一人が校内に走って行って、「校長センセー」と叫んだ。

防災井戸は裏門近くにあった。普通の家庭用の蛇口と同じものが二つ並んでいた。行列ができているかもしれないと思っていたが、近くに中年の男性が一人手持ちぶさたな様子で立っているだけだった。その人の話では、今までに数組の人が来ただけだということだった。帰り際、裏門にいた生徒たちに、
「防災井戸の場所を覚えておいたほうがいいよ」
と忠告したのは、お節介な性分が顔を出したためである。

水道水の配水は、『午後8時に通常運転に復帰』したそうだ。水道水汚濁の原因は、『浄水場の配水流量計の交換工事』に起因するもので、汚濁の原因物質は、『水道管に付着しておりました鉄分・マンガン分(地下水由来のもの)』ということだった。

…【緊急情報】平成26年3月11日上座浄水場事故について【第6報】
http://www.city.sakura.lg.jp/emergencyinfo/0000000050.html

なお、防災井戸は午後11時30分に閉鎖されたそうだ。あの防災井戸近くにいた男性は、こんな時刻までそこにいたのだろうか。

東日本大震災の発生した今日、奇しくもあの3年前と同じように防災井戸が開設された。ありがたくない巡り合わせだが、防災の予行演習ができたとでも思っておけば、少しは気持ちのおさまりが良くなるのだろうか。
posted by 里実福太朗 at 23:50 | 里ふくろう佐倉版

2014年02月25日

洗車日和

大雪に見舞われてからも暖房費がかさむ日が続いた。その寒さもやっと出口が見えてきたのだろうか、本当に久しぶりの陽光に恵まれた。道路や庭の陽当たりの悪い場所にわずかに残っていた雪も、この暖かさに溶けて姿を消してしまうことだろう。

20140225-_2256308.jpg


天気に恵まれ寒さが緩んでくると、なんとなく体を動かしたい気分になってくるのも不思議なことだ。鳥たちも同じ気分になるのだろう、朝早くからムクドリがキュルキュル鳴きながら寝室の戸袋に出入りしていた。あまりの騒がしさに、いつもなら夢の国にいるはずの早朝に…早朝といっても勤め人にとっては遅いと言った方がよい時間帯に目が覚めてしまった。

二時間ほど早起きすると、お昼までの時間が長くなる。当たり前のことで、わざわざことわるまでもないことだが、その時間を利用して、車の洗車場に出かけることにした。雪を全身にかぶったNBOXをそろそろきれいにしてあげなければならない。

考えることは誰しも同じようで、ガソリンスタンド併設の洗車場は案外の混みようだった。ガソリンは会員価格で、145円/Lだった。

20140225-_A250476b.jpg


posted by 里実福太朗 at 23:50 | 里ふくろう佐倉版

2014年02月14日

吹雪いてきた

雪かきで疲れがたまってきているというのに、先週に引き続きまたも雪。予報では、積雪量は先週ほどではないとされていたが、いやいやかなりの量が降っている。

20140214-_2145738b.jpg


20140214-_2145740.jpg

 
posted by 里実福太朗 at 22:16 | 里ふくろう佐倉版

また大雪か?

11時過ぎ現在、都心ではまた雪が降り出した模様だが、ここ佐倉では少し舞っている程度だ。午後から夜にかけて、強く降り続くおそれがあるそうだ。

先週の大雪では、隣家をはじめとして団地内の数カ所でカーポートの屋根がつぶれた。我が家のカーポートは深夜に雪下ろしをしたことが功を奏したのだろう、何とか無事だったが、これからも大丈夫だとは限らない。そこで念のため、支柱のない片側を支えるため、下の写真のようなものを準備しておいた。

20140214-_0021341.jpg


道路・庭の雪はだいぶ減ってきたが、まだ残っている。

20140214-_0021344.jpg  20140214-_0021345.jpg


posted by 里実福太朗 at 11:52 | 里ふくろう佐倉版

2014年02月11日

佐倉地方はまた雪

千葉県上空を低気圧が通過したため、佐倉地方ではまた雪に見舞われた。さいわい午後には小降りになり、現在はやんでいる。道路脇にかき寄せられ小山をなしている雪は、陽射しが戻って暖かくなれば溶けて流れ出すはずだが、今日も一日冷気に包まれ、午前中に降った雪のせいでさらに嵩が増した。

20140211-_0021330.jpg
posted by 里実福太朗 at 18:11 | 里ふくろう佐倉版

2014年02月10日

大雪明けから二日目

大雪明けから二日目、道路の雪は左右にかき分けられ人・車両の通行は可能になった。この雪が溶けて消えるのには、かなり時間がかかりそうだ。

20140210-_0021329-b.jpg


20140210-_0021324-b.jpg

 
posted by 里実福太朗 at 23:07 | 里ふくろう佐倉版

2014年02月09日

大雪から一夜明けて

千葉北西部では、30センチを超える積雪があった。昨夜雪下ろしをしたカーポートの屋根には、さらに降り積もっていたが幸いつぶれることはなかった。ただ隣家のカーポートは、雪の重さで傾いて車の上に覆い被さり、車体がへこんだ。

雪が降って困ることはいろいろあるが、中でも雪かきをしなければならないことが一番困る。去年は雪かきで張り切りすぎて、そのあと風邪を引き込んで寝込んでしまった。去年の二の舞はいやなので、今年は必要最低限の場所だけにとどめておいた。

20140209-_0021318.jpg


20140209-_0021316.jpg

 
posted by 里実福太朗 at 22:40 | 里ふくろう佐倉版

2014年02月08日

午後十時_積雪ほぼ三十センチ

雪はいっこうにやむ気配がない。カーポートの屋根にもだいぶ積もっている。支柱が片側にしかないのでつぶれないかと心配になり、脚立を持ち出して雪下ろしをした。NBOXは雪をかぶって車体が見えなくなった。

20140208-_2085727.jpg


20140208-_2085732.jpg

 
posted by 里実福太朗 at 22:30 | 里ふくろう佐倉版

吹雪いてきた

夕方になって吹雪いてきた。

20140208-_2085720.jpg


20140208-_2085718.jpg


posted by 里実福太朗 at 17:35 | 里ふくろう佐倉版

降り続く雪

ここ佐倉地方でも雪が降り続き、庭にもかなり積もってきている。

20140208-_2085715.jpg


20140208-_2085716.jpg
posted by 里実福太朗 at 13:09 | 里ふくろう佐倉版

2013年11月25日

発達した低気圧・前線が接近中

『発達した低気圧・前線の接近により、今夜から明日未明にかけて、大気が不安定となり、一時的に強い雨や風が吹く予報が出ております。
今後の気象情報などに十分注意してください。』

送信元…佐倉市役所
送信時間…15:11 (再送17:11)

posted by 里実福太朗 at 17:23 | 里ふくろう佐倉版

2013年11月24日

千葉県北西部の地震の続報

11月に入って、千葉県北西部ではほぼ一週間おきに地震が発生していた。その傾向が続くなら、土・日あたりに地震があるかもしれないと思っていたが、現時点(日曜日午前11時15分ごろ)までに体に感じた地震はなかった。

しかし小さな地震だったため気づかなかっただけで、実際には発生していた。

発生時刻:2013年11月24日 3時54分頃
震源地:千葉県北西部
最大震度:震度1
位置:北緯 35.6度、東経 140.2度
震源:マグニチュード M3.1
深さ:約80km
posted by 里実福太朗 at 11:17 | 里ふくろう佐倉版

2013年11月18日

関東南部は地震多発地帯

先週の土曜日に行われた写真塾の講座修了後、先輩の塾生が初めて開いた写真展を見るために新宿御苑近くのギャラリーに足を運んだ。その帰途、丸ノ内線の四谷駅でおりてJRの改札口を抜けたところで、突然駅舎がガタガタと大きな音をたてはじめた。

かなり長い揺れだった。揺れている最中に「だだいま地震が発生しております」というアナウンスが入った。そしてケータイに地震発生のメールが入った。それにはこう記されていた。
『2013年11月16日20:44に、あなたの登録された千葉県で震度4の地震がありました。詳細は以下のURLをご覧ください』

すぐそのURLのページを見ると、震源は千葉県北西部ということだった。JRの運行にはさして影響は出なかったが、京成線には影響が出た。運行に遅れが出て、京成千葉線(京成津田沼〜ちはら台)は運転見合わせとなった。

20131116-_0021042.jpg


11月に入り、茨城南部・千葉北西部の地域で、最大震度4の地震がほぼ一週間間隔で3回続いた。なんとなく不気味さを感じる。

地震学者によれば、その一帯は三つのプレートが集まって重なり合っているといるという。一番上に北米プレート、その下に相模トラフからフィリピン海プレート、さらにその下に日本海溝から太平洋プレートが沈み込んでいる。このようにこの地域の地下では、プレートが三つ重なった状態になっていて、絶えず地震が起こる地震多発地帯ということなのだ。

今年の震度2以上の地震発生状況を調べてみると(2013年11月18日まで)、茨城県南部 が18回、千葉県北西部が12回で合計30回となり、あの福島県浜通りの27回より多いのだ。

この地域一帯が実は地震多発地帯だということは、いつも念頭に置いておいた方がいいのだろう。それによって地震に対処する心構えが違ってくるはずだ。

【震源地ごとの地震発生回数】
地震発生回数.pdf

【千葉県北西部】
千葉県北西部.pdf

【茨城県南部】
茨城県南部.pdf

(日本気象協会のデータより)

posted by 里実福太朗 at 15:52 | 里ふくろう佐倉版

2013年11月10日

佐倉市は震度4

2013年11月10日 7時37分頃、最大震度5弱の地震が発生した。

震源地:茨城県南部
マグニチュード:5.5
深さ:約70km

佐倉市は震度4だった。
その時刻、千葉市方面の高速道を走行中で地震には気づかなかった。
家に帰ってから被害を確認したところ、当方がいつも使っている部屋で、うずたかく積み重ねられていた書籍類の一部が崩れて床に落ちていた。震度3ではそういう被害はなかったが、震度4ともなるとその揺れに堪えられなくなったのだ。被害はそれだけだった。
posted by 里実福太朗 at 12:01 | 里ふくろう佐倉版

2013年10月16日

台風26号一過

深夜から雨を伴って吹きすさんだ台風26号は、房総半島の南海上を通過して、ここ佐倉の地にも被害をもたらした。幸いなことに我が家の周辺には目立った被害はなかったが、避難指示が出された地域もあった。

【避難指示について(10月16日7:10現在)】
表町と鏑木町2丁目に対して、避難指示を発令しました。
浸水の危険性が高まりましたので、早急に避難してください。
避難所は寺崎小学校及び商工会議所です。
なお、避難の際は、火の元を確認してください。

【避難所開設について(10月16日8:30現在)】
10月16日6:30に臼井小学校、8:00に佐倉中学校に避難所を開設しました。

強烈な風雨は急速に勢いを失い、早くも西の空には青空がのぞきはじめた。それでもなごりの風が時おり強く吹く。

20131016-_0020565.jpg


20131016-_0020564.jpg
posted by 里実福太朗 at 09:45 | 里ふくろう佐倉版