2020年11月15日

一粒万倍日の新月

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、大安に匹敵するぐらい縁起の良い日らしい。そういう日に何か新しいことを始めると、とても良い結果がもたらされるという。

今夜は新月、月はこれから望月に向かって少しずつ満ちていく。そういう日が、同時に一粒万倍日であるということは、重なって今日は二倍の「一粒2万倍日」。

新月には星がよく見える、天の川もよく見えると聞く。「一粒2万倍日」の今夜であれば、印旛沼あたりに行けば天の川も見えるかもしれない。

01_20201115-_DSC3467.jpg

04_20201115-_DSC3479.jpg


天の川は見えなかった。その代わり、電車の光の川。

05_20201115-_DSC3477.jpg
posted by 里実福太朗 at 23:46 | ■里ふくろう通信