2020年10月21日

上野はどうなった?

9月に入って神楽坂・渋谷に行ってみたが、ともに2週間経っても感染の兆候は現れなかった。感染リスクを下げるよう注意を怠らなければ、まあまあ大丈夫ということなのだろうか。

今年になって上野に行ったのは、2月が最後、不忍池のほとりで暮らしていたネコたちがどうなっているかと気にかかっていたが、やはり新型コロナのことで、なかなか足を運ぶ機会が無く、八ヶ月ほどがあっという間に経ってしまった。

好天に恵まれた今日、ほんとうに久しぶりで上野に足を向けたのだった。

20201021-_DSC2618_004.jpg

20201021-_DSC2631_005.jpg


まず向かうのは不忍他のほとり、ネコと酒好きの人たちが集う場所、こちらの姿を認めてまず近寄ってきてくれたのは、がっしりとした体格のSさんだった。
「いや、ひさしぶり」
と互いに通り一遍の挨拶を交わした後、彼は顔をしかめながらこんなことを教えてくれた。
「あなたが来ない間に、もう5人も死んじゃったよ」
そのたまり場に来る常連さんのことだった。一々その5人の名前を挙げるのだが、残念ながら名前と顔とが一致したのは二人だけだった。
「コロナ感染が死因だったの?」
当然浮かぶ疑問だが、5人全員がコロナ感染とは関係なく、彼によると一人はガン、もう一人は多分熱中症だったのだろうということだった。何しろ酒好きで、8月のある日、クーラーもつけずに部屋の中で酔い潰れ、そのままの寝込んでしまったということらしい。

ネコおばさんは幸い健在だった。ただ、その近辺で暮らしていたネコは、今は一匹、「クロミ」という名のネコしか生き残っていなかった。「ギャー」「アユ」はいつの間にか姿を消してしまったということだった。

20201021-_DSC2642_006.jpg


20201021-_DSC2645_008.jpg


マロは元気だった。今日は自転車のかごには入らず、しっかりとした足取りで池のほとりを散歩していた。

20201021-_DSC2603_010.jpg

20201021-_DSC2605_001.jpg 20201021-_DSC2608_002.jpg

20201021-_DSC2613_003.jpg

posted by 里実ふくたろう(福太朗) at 23:50 | ■里ふくろう通信