2020年08月11日

「ヤギのポニョ」さくらの誘いにマイッタ!

とうとうあの「ヤギのポニョ」保護されたそうだ。毎日新聞がその経緯を詳しく伝えている。

『崖暮らしの子ヤギ「ポニョ」保護作戦が成功 おびき寄せ役はメスの「さくら」 千葉・佐倉』
 https://mainichi.jp/articles/20200811/k00/00m/040/109000c

その記事によると、保護作戦は、ヤギ牧場(千葉県長生郡睦沢町)のスタッフたちの協力を得て、7月下旬から続けられてきた。崖の上にオリを設置して、中にメスの「さくら」入れて待つこと約10分、「ポニョ」が興味を示してオリの中に入って行ったところを保護した。「ポニョ」は健康上の問題は見うけられず、飼い主さんに引き取られたそうだ。おびき寄せ役のヤギの名前が「さくら」だったのも、何かの縁だったのだろうか。

一件落着でめでたしめでたしといったところだが、ヤギの姿が見られなくなってしまうのも、なんだかさみしい。せっかく人気者になったのだから、いっそのこと、飼い主さんのもとで暮らす「ポニョ」に会いに行けるような工夫をしてみてはいかがだろうか。
posted by 里実福太朗 at 23:43 | ■里ふくろう通信