2019年12月12日

渋谷駅界隈はまだまだ工事中

2012年「渋谷ヒカリエ」、2017年「渋谷キャスト」、2018年には「渋谷ストリーム」「渋谷ブリッジ」、そして今年2019年は展望空間「渋谷スカイ」がある「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)」という具合に超高層ビルが次々と誕生している渋谷駅周辺だが、まだまだ再開発の途上にあって、クレーン車などの工事車両がそこかしこで目に付く。

20191208-_0086578.jpg

20191208-_0086586.jpg 20191208-_0086636.jpg


渋谷駅の南西側_桜丘口地区では、既存ビルの取り壊し工事が進行中で、今までの街の姿がすっかり失われてしまっていた。

20191208-_0086690.jpg

20191208-_0086682.jpg 20191208-_0086693.jpg

正面少し右側のやけに目立つ建物の辺りにも行ってみた。

20191208-_0086719.jpg

20191208-_0086720.jpg 20191208-_0086746.jpg


桜丘口地区は2023年度に竣工予定で、その後は、渋谷スクランブルスクエア第II期(中央棟・西棟)が2027年度開業予定となっているそうだ。
posted by 里実福太朗 at 00:57 | ■里ふくろう通信