2019年12月10日

渋谷スカイの夜景

渋谷スカイが開業したのは今年の11月1日、地上47階建て、高さ約230メートルの屋上には天望空間あるということだ。

20191208-_0086725.jpg

20191208-_0086545.jpg 20191208-_0086558.jpg

日没の少し前に屋上に立つことができるようにと目論で、2階のエレベーターホールで待つが、すぐその計画が甘かったことに気づく。エレベーターのドアが開いても中はすでに満員、2階で待っていてもいつまでも乗れそうにもない。1階に下りて乗ればいいようなものだが、1階の乗り場もきっとたいへんな混雑だろうと予想はつく。それなら急がば回れで、エスカレーターで着実に14階を目指す方が早いかもしれない。チケット売り場は14階なのだ。

エスカレーターもひどい混雑で、スタッフが各階で、
「2列に並んで下さい」
と絶叫に近い声で繰り返す。
14階のチケット売り場も大混雑、やっとチケットを買い求めても、屋上行きのエレベータに乗れるのは4時40分からで、その頃はもう日は沈んでいることだろう。

20191208-_0086765.jpg

1時間ほどは待たなければならない。コーヒーでも飲んで待とうと思っても、どこもかしこも待ち行列、おまけに腰を下ろして休む場所もない。仕方がないので階段に座って、隣のビルのヒカリエを見ながら休む始末。確実に日は沈んで行き、月がはっきりと見え始めた。

20191208-_0086767.jpg

20191208-_0086769.jpg

救いはエレベータが超高速であること、あっあっという間に屋上に着いた。ヤレヤレこれで夕焼け空に浮かぶ富士山を撮影できると安堵したのだが、難所がまだ待ち受けていた。荷物をロッカーに預けなければならないのだが、そのロッカーの前にまた大行列ができていたのだ。

ちなみに、屋上に持って行けるものには制限があって、ショルダーバッグとかディパック、帽子などはロッカーへ入れ、持ち込むことができるのはスマートフォンとかストラップ付きのカメラ、まあいずこの屋上展望台でも同じような決まりがある。しかしロッカーの待ち行列は初めてだ。

20191208-_0086798.jpg

20191208-_0086797.jpg


20191208-_0086806.jpg 20191208-_0086817.jpg

20191208-_0086813.jpg

20191208-_0086825.jpg

グーグル日本法人本社ビル、10月に六本木ヒルズから移転したそうだ。
20191208-_0086819.jpg

posted by 里実福太朗 at 01:07 | ■里ふくろう通信