2018年05月16日

フクロウがいた!

夫人の友人からフクロウ情報を得て、さっそくカメラを抱えてフクロウ撮影に出かけた。

数日前までは、長くて太いレンズがフクロウに向かって砲列のように並んだということだが、カメラマンたちはほかのフクロウスポットへ移動したそうで、はその日二人のカメラマンが長いレンズを構えていた。逆光を受けて、暗い林の中が一層暗く見えてフクロウの位置を特定するのはなかなか難しかった。

20180514-_5140236.jpg 20180514-_5140246.jpg


20180514-_5140201.jpg


ヒナは3羽生まれたと聞いていたが、確認できたのは2羽だけ。

20180514-_5140255.jpg

 
まだ勤めていた頃、野生のフクロウを見るために八ヶ岳山麓まで出かけたことがあったが、わざわざそんな遠くまで出かけて行かなくても地元で見ることができるのだ。以前からフクロウ目撃情報を耳にしたことはあったが、今回初めて撮影に成功した。
posted by 里実福太朗 at 22:45 | ■里ふくろう通信