2015年03月23日

銚子電鉄_銚子から外川へ

今年の写真塾の合宿地は銚子。京成線・成田線と乗り継いで2時間以上かけて銚子駅にたどり着いた。風は冷たかったが好天に恵まれ、銚子電鉄のホームはスタンプラリーに参加する親子連れで賑わっていた。

20150321-_3212572-satob.jpg


ホームで待っていたのは全身イエローに塗られた臨時電車、2012年に復活した銀座線開業当初のボディーカラーで車両自体もかつて銀座線で走っていたのものだ。

20150321-_0022138-sato.jpg  20150321-_0022144-sato.jpg


20150321-_3212576-sato.jpg


20150321-_0022139-sato.jpg  20150321-_0022148-sato.jpg

ほぼ20分で終点の外川駅に着く。駅前には、現役を引退した「デハ800形801」の車両が展示されていた。この車両は、昭和25年に帝國車輌で製造され、伊予鉄道600として活躍後、銚子電鉄の主力車両となった(銚子電鉄のパンフレットより)。現在その車内では、往時を偲ばせる品々が陳列されている。

20150321-_3216185-sato.jpg


20150321-_3216193-sato.jpg  20150321-_3216190-sato.jpg


20150321-_3216195-sato.jpg


20150321-_3216186-sato.jpg


20150321-_3216182-sato.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:48 | ■里ふくろう通信