2019年07月08日

今日のアオバズク

午後から久しぶりで日が射してきたので、アオバズクの様子を見に行くことにした。今日は撮影しやすい枝に止まっていてくれた。7月に入りヒナの巣立ちの時期が気になるところだが、まだ一羽で巣の見張り番をしていた。

20190708-_7084667.jpg

20190708-_7084739.jpg 20190708-_7084909.jpg

20190708-_7084759.jpg

20190708-_7084703.jpg

いかにも高価そうに見受けられる長いレンズを三脚の上に据えている人が言うことには、樹洞の中ではすでにヒナが羽化していると言う。中は広いから、そこで羽根をバタバタさせて飛ぶための準備をしていると言う。巣の中が見えるわけではないから確かめようはないが、ヒナが巣の外に出てから1日ほどで森に飛んで行ってしまうことを思えば、当然その前に準備が必要なはずだから、そのおじさんの言うとおりなのかもしれない。

そのことを頭に置いて親鳥の様子を観察すると、親鳥はしきりに樹洞の方を気にしている。ジッと視線を注ぐこともたびたびだ。たしかに巣の中では、もうヒナたちがモゾモゾと動いているのかもしれない。

20190708-_7084749.jpg



posted by 里実福太朗 at 23:23 | ■里ふくろう通信