2019年07月19日

巣立ちは間近か?

今までは雄の親鳥が樹洞の外で見張り番をしていたが、母鳥が外に出てきたということは、いよいよヒナの巣立ちの日が近いということなのだろう。父鳥は樹洞から少し離れたところ、木の全体を見渡せる場所で今まで通り見張り番をしている。母鳥は樹洞近くの枝に止まっている。ヒナがそこから出てくるのを待ち構えているのだろうか。

20190718-_7185212.jpg

母鳥の面立ちはいかにも優しげでかわいく、オスとはかなり顔つきが違っている。

20190718-_7185096-2.jpg

posted by 里実福太朗 at 21:39 | ■里ふくろう通信

2019年07月15日

筏場のワサビ田

中伊豆にある筏場のワサビ田は日本一と言われている。

20190714-_DSC7230.jpg

20190714-_DSC7229.jpg 20190714-_DSC7228.jpg


20190714-_DSC7248.jpg

20190714-_DSC7255.jpg

20190714-_DSC7252.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:59 | ■里ふくろう通信

2019年07月14日

浄蓮の滝

P_20190714_125109_1.jpg

P_20190714_123950_1.jpg
posted by 里実福太朗 at 13:25 | ■里ふくろう通信

2019年07月08日

今日のアオバズク

午後から久しぶりで日が射してきたので、アオバズクの様子を見に行くことにした。今日は撮影しやすい枝に止まっていてくれた。7月に入りヒナの巣立ちの時期が気になるところだが、まだ一羽で巣の見張り番をしていた。

20190708-_7084667.jpg

20190708-_7084739.jpg 20190708-_7084909.jpg

20190708-_7084759.jpg

20190708-_7084703.jpg

いかにも高価そうに見受けられる長いレンズを三脚の上に据えている人が言うことには、樹洞の中ではすでにヒナが羽化していると言う。中は広いから、そこで羽根をバタバタさせて飛ぶための準備をしていると言う。巣の中が見えるわけではないから確かめようはないが、ヒナが巣の外に出てから1日ほどで森に飛んで行ってしまうことを思えば、当然その前に準備が必要なはずだから、そのおじさんの言うとおりなのかもしれない。

そのことを頭に置いて親鳥の様子を観察すると、親鳥はしきりに樹洞の方を気にしている。ジッと視線を注ぐこともたびたびだ。たしかに巣の中では、もうヒナたちがモゾモゾと動いているのかもしれない。

20190708-_7084749.jpg



posted by 里実福太朗 at 23:23 | ■里ふくろう通信

2019年07月07日

宜蘭の街歩き(2)

宜蘭の街は、円形の城壁跡に造られた広い道路に囲まれ、その中心に照應宮があった。円の西の端には西門、宜蘭駅は逆の東方向に歩いて行けば駅に通じる広い路に出るはずであった。しかし、いくつかの角を曲がったためか、方角が分からなくなり、それでもズンズン歩いて行くと、遠くに「東門観光夜市」の文字が見えてきた。

20190521-_DSC5581.jpg

ということは、東門のかなり北の方まで歩いてきてしまっていたのだ。かなり歩き疲れていたが、このまま直進していけば、なんとか宜蘭駅にたどり着くことができるはずだ。

20190521-_DSC5585.jpg

20190521-_DSC5583.jpg 20190521-_DSC5586.jpg


ようやく宜蘭駅前についたのは、お昼をかなり過ぎたころだった。これからまた歩いて、昼食場所を見つける元気はない。駅前に「洋城」という店を見つけ、どういう店かもよく分からないまま、意を決して入ってみることにしたのだった。

20190521-_DSC5599.jpg 20190521-_DSC5605.jpg

20190521-_DSC5594.jpg


外観は確かに古い城のようなたたずまいだったが、店内はしゃれたレストラン風だった。メニューを見て、おそまきながらイタリアンの専門店だということが分かった。宜蘭ならではの土地のものを食べたいと思って、下調べをしておいたのだが、その資料を忘れてしまい、台湾でスパゲッティを食べるということになってしまった。

20190521-_DSC5590.jpg 20190521-_DSC5591.jpg


posted by 里実福太朗 at 23:50 | ■里ふくろう通信

2019年07月06日

宜蘭の街歩き

やっとのことで彼女から解放されても、しばらくはまだ後ろを付けられているのではないかという不安に駆られつつ宜蘭の街を歩いて行った。

せっかく地図で下調べをして、立ち寄りたいスポットに印を付けておいたのに、その地図を忘れてしまった。こうなっては、宜蘭駅はあっちの方角だろうとだいたいの見当をつけて歩くより仕方がない。

時刻は11時半を過ぎ、街にには人があふれ活気に満ちていた。狭い道路の両脇に商店が並び、その店先にみなバイクで乗りつける。野菜とか果物などが一見乱雑に並べられている。

20190521-_DSC5543.jpg 20190521-_DSC5544.jpg
20190521-_DSC5545.jpg

20190521-_DSC5554.jpg

20190521-_DSC5557.jpg 20190521-_DSC5558.jpg
20190521-_DSC5549.jpg 20190521-_DSC5555.jpg

20190521-_DSC5538.jpg

20190521-_DSC5560.jpg


賑やかな通りをはずれて人通りの少ない路に入って少し進むと、こんな看板が目に入った。かなり大きな字で「檳榔」と書かれてある。読み方は「ビンロウ」、ヤシ科の植物で、その種子を噛むと軽い興奮・酩酊状態になるということから嗜好品として好まれ、かつて台湾でも広く売られていたということである。ただ合法的なものであっても、依存性・発癌性があるということであれば、嗜むことは避けた方がよいのはいうまでもない。

台北などの都市部では、檳榔の文字を目にすることはなかった。しかし地方都市では、まだ堂々とこんな看板を店頭に出しているところがあったのだ。

20190521-_DSC5564.jpg

20190521-_DSC5567.jpg

その看板の背後には、こんな注意書きが掲示してあった。
 健康に有害
 18歳未満禁止
 妊婦禁止



posted by 里実福太朗 at 23:58 | _【new】2019台湾紀行

2019年07月04日

里ふくろう通信のスタイル変更

「里ふくろうコム」の再構築が予想以上に時間がかかりそうなので、とりあえずブログ「里ふくろう通信」のスタイルを変えて、「里ふくろうコム」の代替サイトとして利用していくことにしました。

そこで「里ふくろうコム」にあったリンク集、RSS取得(他ブログの最新記事)などの項目を追加しました。
posted by 里実福太朗 at 23:31 | ■里ふくろう通信

2019年07月03日

今日の不忍池

池のほとりのアジサイは退色が進み、池はハスの花の季節へと変わり始めていた。

20190703-_7034467.jpg

20190703-_7034463.jpg

20190703-_7034494.jpg 20190703-_7034495.jpg
posted by 里実福太朗 at 23:25 | ■里ふくろう通信

久しぶりの「ポンヌフ」

「ギャラリーてん」の写真展「森で林で見たものは・・・」を見るために、久しぶりで新橋駅前ビルに行った。
写真を見ているときに、ちょうど与儀さんがいらっしゃって、いろいろとお話を聞かせていただいた。与儀達二さんは、コマーシャル写真の分野で活躍している写真家で、昨年このギャラリーで初めてお目にかかった。それ以来のことである。

20190703-_R027388.jpg

昼食は、これも久しぶりで「ポンヌフ」。2時を過ぎていたので、すぐ席に着くことができた。

20190703-_R027383.jpg

注文したのは「ポンヌフ バーガー」、このくらいの量がちょうど良い。
20190703-_R027382.jpg

posted by 里実福太朗 at 23:00 | ■里ふくろう通信

2019年07月02日

庭の紫陽花(2)

20190702-_DSC6777.jpg

20190702-_DSC6768.jpg

20190702-_DSC6778.jpg

20190702-_DSC6767.jpg

20190702-_DSC6781.jpg

posted by 里実福太朗 at 13:58 | ■里ふくろう通信

2019年07月01日

庭の紫陽花

ここのところ梅雨らしい空模様が続いている。その梅雨空のもと、庭の紫陽花はしっとりと花を咲かせ、見ごろとなっている。

20190630-_DSC6720.jpg 20190630-_DSC6722.jpg


20190630-_DSC6710.jpg

20190630-_DSC6711.jpg

20190630-_DSC6709.jpg

白い紫陽花はどうも元気がない。

20190630-_DSC6704.jpg


posted by 里実福太朗 at 22:43 | ■里ふくろう通信