2015年03月17日

おたいまつ(動画)

東大寺二月堂「おたいまつ」

おたいまつ(約2分30秒)
(平成27年3月6日撮影)


posted by 里実福太朗 at 22:20 | ■里ふくろう通信

東大寺二月堂の「おたいまつ」

修二会の法要は11名の練行衆(東大寺のお坊さん)によって進められる。期間中の毎日、午後一時から深夜まで一日六回の法要が行われる。三回目の法要は午後七時から行われるが、その際、二月堂へ上がっていく練行衆の足許を照らすために松明がともされる。これがいわゆる「おたいまつ」である。

午後七時ともなれば崖上の二月堂はすでに闇の中、そこを大きな松明が火の粉をまき散らしながら走り抜けていくのである。その圧倒的な迫力は、崖下から見上げる観客の感嘆のどよめき引き出し、立ち上がる煙は漆黒の空へ吸い込まれていく。

午後5時50分頃、次第に人が集まってくる。
20150306-_3064619-640.jpg


午後6時10分頃、さらに観客が増える。
20150306-_3064624-640.jpg


午後6時30分頃、だいぶ暗くなってきた。
20150306-_3064630-640.jpg


午後7時10分頃、火がともされた。
20150306-_3064660-640.jpg


20150306-_3064667-640.jpg  20150306-_3064691-640.jpg


20150306-_3064745-640.jpg


20150306-_3065077-900.jpg  20150306-_3065145-900.jpg


20150306-_3064763-640.jpg  20150306-_3064842-640.jpg


20150306-_3065234-640.jpg

 
posted by 里実福太朗 at 01:25 | ■里ふくろう通信