2014年10月31日

田村収_写真展「ひと紡ぎの状景」

神楽坂のアユミギャラリーで田村収さんの写真展「ひと紡ぎの状景」が始まった。建てられてから半世紀以上の歳を重ねたギャラリーに足を踏み入れれば、中判カメラで写し取った落ち着いた色調のモノクロ写真がひっそりと迎え入れてくれる。それらのモノクロ写真は、ご自身が現像したものであると聞く。

20141031-_A319139-640.jpg


展示されている写真を、田村さんは「状景写真」とよんでいる。「情景」ではなく「状景」なのである。田村さん言うところのこの「状景写真」は、単に風景を客観的に写し取っただけの写真ではない。その写真の前に立てば、写真家のお人柄そのもののような穏やかな情感が、遠慮がちではあるが、確かなものとして伝わってくる。そしてそれが、見入る人を魅了するのである。

アユミギャラリー
http://www.ayumi-g.com/
田村収_写真展「ひと紡ぎの状景」は11月5日まで。
posted by 里実福太朗 at 23:00 | ■里ふくろう通信