2014年07月31日

ゴーヤ初収穫

いままで濃緑色だったゴーヤの実が、少し薄くなってきた感じがするので、思い切ってツルにハサミを入れた。貴重な貴重な初収穫のゴーヤだ。

全長:約16センチ
胴回り:約20センチ

20140731-_0021813.jpg


posted by 里実福太朗 at 23:37 | ■里ふくろう通信

2014年07月30日

続く航空機騒音

今日も航空機騒音がひどかった。この騒音は、羽田空港の新しいD滑走路が利用されるようになり、飛行ルートが変更されたことに起因する。南風が吹く時に、D滑走路に着陸する航空機が千葉県の上空を通過するようになったからだ。

夏、猛暑が続く日には、窓を閉め切ってエアコンをつけるから、騒音は少しは軽減される。ところが今日のように、湿度が低く幾分過ごしやすい日には、電気代節約のためエアコンは止める。そして窓を開けて網戸にする。すると、ひっきりなしに飛ぶ航空機の騒音が容赦なく部屋の中に侵入してくる。

20140729-_7294579.jpg


20140729-_7294569.jpg


D滑走路ができたことで、国際線の発着枠が増え、旅行客にとっても利便性が増すともてはやされる一方で、騒音に悩まされる人の数が増えているのが実態なのだ。

利用客のさらなる増加を目指すためには、現在の飛行ルートのままでは限界がある。新しい飛行ルートを策定しなければ増便することはできない。国土交通省では首都圏空港の機能強化のための検討を行い、先日中間とりまとめの概略を公表した。

〔首都圏空港のさらなる機能強化のための技術的な選択肢について〕
(2014年6月6日)
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk6_000002.html

この報告書の別添えの資料「首都圏空港の機能強化策について」を概観するため、見出しを取り出してまとめておくことにする。
http://www.mlit.go.jp/common/001042510.pdf

首都圏空港の機能強化策について
平成26年6月

首都圏空港の航空需要予測(発着回数)

羽田空港
1.羽田空港の空港処理能力を規定する要因
2.騒音影響の軽減〜現行の飛行経路

ここには、『現在の羽田空港の飛行経路は、陸域での騒音総量を可能な限り抑制するという観点から、東京湾に面するという地理的条件を活かし、東京湾を最大限に活用するとの考え方で設定されている。』と述べられている。しかし現実には、南風時の着陸飛行ルート下の住民は騒音に悩まされている。

2.騒音影響の軽減〜現行の滑走路運用方式と飛行経路南風時(時間値80回)
2.騒音影響の軽減〜現行の滑走路運用方式と飛行経路北風時(時間値80回)
2.滑走路運用・飛行経路の見直し〜南風時@
2.滑走路運用・飛行経路の見直し〜南風時A
2.滑走路運用・飛行経路の見直し〜北風時@
2.滑走路運用・飛行経路の見直し〜北風時A
(参考)大阪国際空港の飛行経路図
(参考)福岡空港の飛行経路図
(参考)ロンドン・ヒースロー空港の飛行経路図
(参考)ニューヨーク周辺
(JFK、ニューアーク、ラガーディア、テターボロ空港)
の飛行経路図
2.滑走路運用・飛行経路の見直し〜騒音影響

3.滑走路の配置案
(以下略)

南風時の到着便飛行コース案を確認してみよう。
〔南風案1〕
2.滑走路運用・飛行経路の見直し〜南風時@

  D滑走路の利用:14機/時
  (現行の12機/時より増加)

〔南風案2〕
2.滑走路運用・飛行経路の見直し〜南風時A
  D滑走路の利用:なし

〔南風案1〕では、現行より到着便は多少増える。飛行コースも現行と同じだから、騒音が軽減されることはない。また、A・B・C滑走路を利用する出発便の飛行コースが東京都心を通るため、そちらの方面で新たな問題が起こってくる可能性がある。

〔南風案2〕では、D滑走路は利用されていない。C滑走路を利用する到着便が千葉県の西端部を通過する。他の滑走路を利用する出発便・到着便が都心上空を飛行するため、案1同様新たな問題が起こってくる可能性がある。

なお、この飛行経路は、『技術的な検討のためのモデルとして作成したもの。具体的な飛行経路については、今後の関係者との調整、管制運用上の検証を踏まえ、引き続き検討していく。』とされている。

posted by 里実福太朗 at 01:20 | ■里ふくろう通信

2014年07月29日

今日のゴーヤ

一つだけ実をつけたゴーヤは、かなり大きくなってきた。もともと小さな実をつける品種だから、そろそろ収穫の時期を迎えてきているのかもしれない。もう少し多くなってから採ろうと欲張っていると、すぐダイダイ色に変色してしまうから注意深く採る時期を見極めなければならない。

20140729-_7294567.jpg


花は咲くのだが雄花ばかりで、今年はこの一つだけかもしれないと半ばあきらめていた。ところが、ゴーヤの実が二つ、それも生まれたばかりのような小さな実が見つかった。無事大きく育ってくれればいいのだが。

20140729-_7294557.jpg  20140729-_7294560.jpg

 


posted by 里実福太朗 at 22:03 | ■里ふくろう通信

2014年07月21日

今日のゴーヤ

明日には梅雨が明けて、いよいよ夏本番の到来となるらしいが、我が家のゴーヤは相変わらず雄花ばかりが咲いていて、ゴーヤネットからぶら下がっている実は一つのままだ。そのたった一つの実は、それでも少しずつ大きくなってきた。

20140720-_7200200.jpg
posted by 里実福太朗 at 23:50 | ■里ふくろう通信

2014年07月14日

やっとゴーヤの実が一つ

雄花ばかりが咲いていたが、気がつかないうちに雄花が一つ咲いたらしくて、小さな実が一つなっていた。

20140713-_0021797.jpg

posted by 里実福太朗 at 00:01 | ■里ふくろう通信